NEWS

【悲惨】ビートたけしの事故の内容がヤバい!顔面麻痺で当時は植物状態だったという報道も

ビートたけし

映画監督や俳優などマルチな才能をお持ちのお笑いタレント・ビートたけしさん。

今も第一線で活躍するたけしさんですが、バイク事故で瀕死の状態になる痛々しい過去があります。

今回は、ビートたけしさんのバイク事故についてまとめました。

【ビートたけし】バイクの事故が起こったのは1994年

ビートたけし 事故

1994年8月2日の午前1時40分。

都内を原付バイクで走行中だったビートたけしさんは、カーブを曲がり切れず転倒し、鉄柱に激突する自損事故を起こします。

4メートル吹き飛び、大出血して意識不明だったそうです。

そんなビートたけしさんですが、「光GENJI」の諸星克己さんが発見したんだとか。

ビートたけし

偶然、その道を車で運転していたようです。

当時、たけしさんと諸星さんは師弟関係だったので、発見して駆けつけた時は動揺されたに違いありません。

ビートたけしがバイク事故を起こした現場はどこ?

事故を起こした現場は、東京都新宿区の安鎮坂付近です。

現場は見通しの良い緩やかなカーブでした。

ビートたけし

人通りのまばらな深夜とはいえ、誰も巻き込まなかったのは幸いだったかもしれません。

現場は血の海だったようです。

ビートたけしの当時の様態がかなりヤバい!植物状態になってもおかしくなかったとの報道も

ビートたけし 事故

意識不明の状態で東京医大病院に運び込まれたビートたけしさん。

救急搬送された時の状態がコチラです。

  • 右側頭部頭蓋骨時陥没骨折
  • 右頬骨複雑骨折
  • 脳挫傷

簡潔に言うと、右側頭部を強くぶつけて脳みそがへこんだ状態ですね。

即死か、よくて植物状態」と言われるほどのダメージを負いました。

実際にコチラは当時の報道の動画となります。

奇跡的に意識を取り戻したビートたけしさんですが、顔面が倍近くはれ上がり、病室からはうめき声が絶えず聞こえてくる状態だったそう。

かなりの痛みが容易に想像できます。

【ビートたけし】復帰するも顔面麻痺で痛々しさが話題に

ビートたけし 事故

奇跡的に一命をとりとめたビートたけしさんは、約2か月の入院治療を経て退院会見を開きます。

TVに映るたけしさんの顔面の変化は、大変ショッキングなものでした。

ビートたけし
  • 顔面の左半分が麻痺
  • 口が歪み、開閉がスムーズにできない
  • 目の焦点が合わない

以前のハンサムなお顔立ちから、このような重度の顔面麻痺が残る姿に痛々しい思いがします。

しかし、会見でのたけしさんはこう発言されています。

治らなかったら芸名を顔面マヒナスターズにします。頭に入っているボルトのせいで金属探知機にひっかかる。

このように自虐ギャグで会場を沸かせる、実に芸人らしいものでした。

ビートたけしの顔面麻痺が治ったキッカケはこちら

懸命にリハビリに励んでいた”たけしさん”ですが、日本で東洋医学の普及に努める劉勇(ドクターリウ)氏との出会いで劇的に症状が改善します。

たけしさんはバイク事故で重傷を負われ、その影響で顔面神経麻痺となりました。
た当時、西洋医学では治すのは無理だと言われたそうですが、私のところに来られて半年間、毎日朝晩の鍼治療をしたんです。

「鍼灸」のスペシャリストである劉勇氏の治療を朝晩半年間続けた結果、良くなっていったのです。

細川ふみえの自宅に行こうとしていた報道はデマ

ビートたけし

当時、Fカップグラビアアイドルとして人気だった細川ふみえさんとの交際をスクープされていたビートたけしさん。

バイク事故を起こした時も、細川さんの自宅に行く途中だったのではという報道も。

しかし、実際は細川さんとは愛人のB子さん宅へ向かう途中だったようなのです。

B子さんは1986年の「フライデー襲撃事件」の要因となった女性で、たけしさんが長年にわたり入れ込んでいた愛人です。

フライデー襲撃事件とは

スクープ雑誌「フライデー」の強引な取材によりビートたけしさんの愛人B子さんが全治2週間のけがを負いました。行き過ぎた取材にブチ切れたビートたけしさんが、軍団を引き連れフライデー編集部を襲撃。編集部員たちをボコボコにし、怪我を負わせた事件です。

細川ふみえは交際を否定

細川さんは、たけしさんとの交際を否定されています。

ビートたけし

「私のことは友達だって言ってくださったことはあります」

ー2014年5月・TBS「櫻井有吉アブナイ夜会」より

なので、細川さんに会いに行くためではなくB子さん宅へ向かう途中だったのではないかと推測されます。

ビートたけしが当時の事故を思い出してコメントし話題に

悲惨な事故から見事に復活したビートたけしさんですが、この事故に関していくつかのメディアでコメントしています。

ビートたけし

2015年4月放送の「ワイドナショー」に出演した際。

なんでバイクに乗っていたのか記憶がない。当時はいつも不安でしょうがなかった。

事故当時はうつ状態であったことを告白しました。

ビートたけし

また、2018年12月放送のトーク番組「サワコの朝」ではこう発言。

朝目が覚めても怖い時がある。(天井が)病院のライトだったらどうしようとか

このように、事故後も現実と死後の世界が混同すると答えています。

事故現場にはブレーキ痕もなかった

事故の際、深夜にもかかわらず色の濃いサングラスをしていて、見通しの良い緩やかなカーブでブレーキ痕はなかったとのこと。

酒気帯び運転だったことも影響していますが、当時は追い詰められてたのでしょう。

事故を起こした事実は変わりませんし、相当なトラウマも残っているはずです。

ただ、この事故でたけしさんの考え方や生き方などが変わったのではないでしょうか。

命が助かって、本当に良かったです。

まとめ

ビートたけし

悲惨な事故を経験され、その後は映画やお笑いなどで高い評価を得たビートたけしさん。

深い芸人魂と唯一無二の芸術的な素晴らしい才能は日本の財産です。

事故のトラウマが時間とともに和らぎ、安心して眠れる日が来ることを願っています。