オリンピック

【2021最新】堀米雄斗のスポンサー一覧はこちら!モンストなど名だたる大企業ばかりで凄い

東京オリンピックのスケートボード男子ストリートで金メダルを獲得し、注目を集めている堀米雄斗さん。

そんな堀米雄斗さんですが、スポンサーも名だたる企業ばかりです。

そこで今回は、堀米雄斗さんのスポンサーをまとめてご紹介します。

堀米雄斗のスポンサー一覧はこちら

堀米雄斗さんのスポンサーはこちらです。

  1. X-FLAG
  2. HIBRID
  3. Be-in Works
  4. Division
  5. DVS
  6. Custom Track
  7. TUFLEG
  8. TRIPLE EIGHT
  9. ムラサキスポーツ
  10. NIKE

それでは、それぞれどのような会社なのかみていきましょう。

【堀米雄斗】X-FLAGはモンストの会社

X-FLAGは、ゲームやスポーツ、リアルイベントなどエンターテインメントを展開している会社です。

スマホゲームの「モンスターストライク」で一躍有名になった会社ですが、スポーツにも力を入れており、サッカーやバスケットのスポンサー契約もしています。

堀米雄斗さんとは、2018年から個人契約をしています。

【堀米雄斗】HIBRIDはスケートボードのブランド

HIBRIDは、プロスケーターの早川大輔さんが手がけるブランドです。

元々、堀米雄斗さんの父と繋がりがあり、そこから堀米雄斗さんの海外試合へのエントリーをサポートするようになったそうです。

【堀米雄斗】Be-in Worksはスケートボーダーのためのお店

Be-in Worksは、元々プロスケートボーダーであった秋山勝利さんが、スケートボード選手育成のために創業した会社です。

専門ショップとして、これまでとは違った新しい形でスケートボーダーのためのお店を展開しています。

【堀米雄斗】Divisionはスポーツ用品を販売する会社

Divisionは、スポーツ用品やアウトドア用品を販売している会社です。

ひとつひとつハンドメイドであることが特徴で、日本でも多くのショップで輸入販売されています。

【堀米雄斗】DVSはシューズブランド

DVSは、カリフォルニア州トランスで創立されたシューカンパニーで、女性や子供向けのシューズやサンダルなど、スケートボード以外の商品も作っています。

スケーターだけでなく、スノーボードやサーファーなどのスポンサーもしています。

【堀米雄斗】Custom Trackはスケートボード関連商品を販売する会社

Custom Trackは神奈川県にある会社で、スケートボード関連商品の輸入販売、スケートボードのカスタムなどを行っています。

また、スケートボード関連のイベントを行ったり、メディアやインストラクターにプロスケーターの派遣を行ったりもしています。

【堀米雄斗】TUFLEGはスケートボードブランド

TUFLEGは、ムラサキスポーツ所属のプロスケーターである立本和樹さんが立ち上げた、スケートボードブランドです。

堀米雄斗さんだけでなく、日本各地のスケーターがTUFLEGと契約しています。

【堀米雄斗】TRIPLE EIGHTはヘルメットを製造する会社

TRIPLE EIGHTは、ニューヨークを拠点にしている、自転車やスケートボードのヘルメットを製造する会社です。

スケートボードでは、アマチュアからプロの選手まで契約しており、多くの世界大会のスポンサーも務めています。

【堀米雄斗】ムラサキスポーツは総合スポーツ用品店

ムラサキスポーツは、総合スポーツ用品店として、日本全国に店舗を構えています。

スポーツ用品の販売だけでなく、イベントや大会の運営もしており、スケートボード選手以外にもスポンサーをしている選手は数多くいます。

堀米雄斗さんは、2018年にチームに加入しました。

【堀米雄斗】NIKEはスポーツ関連用品を扱う世界的企業

ナイキ本社「Nike World Campus」

NIKEは、スポーツ関連用品を扱う世界的に有名な企業です。

堀米雄斗さんは、プライベートでもNIKEのウェアやシューズを身につけており、CMにも出演していました。

まとめ

今回は、堀米雄斗さんのスポンサーについてご紹介しました。

堀米雄斗のスポンサーをまとめると、以下の10社です。

  1. X-FLAG(モンストの会社)
  2. HIBRID(スケートボードブランド)
  3. Be-in Works(スケートボーダー向けの専門店)
  4. Division(スポーツ用品販売)
  5. DVS(シューズブランド)
  6. Custom Track(スケートボード関連商品販売)
  7. TUFLEG(スケートボードブランド)
  8. TRIPLE EIGHT(ヘルメット製造)
  9. ムラサキスポーツ(総合スポーツ用品店)
  10. NIKE(スポーツ関連商品)

スポンサーの数の多さもさることながら、世界的に有名な企業とのスポンサー契約もあり、これからも堀米雄斗さんの活躍に期待が高まりますね。