オリンピック

【石川佳純】母親とのエピソード8選!厳しさ&優しさに溢れた家族愛がヤバい

世界的に有名な日本女子卓球選手の石川佳純さん。

母親は元卓球選手で、その練習はとても厳しかったとか。

石川佳純さんと母親の厳しさ・優しさが溢れた家族愛のエピソードを紹介します。

石川佳純の母親のプロフィールを簡単に紹介

  • 名  前:石川久美
  • 生年月日:1963年8月6日生まれ
  • 出身地:福岡県福岡市

石川佳純さんの母親は福岡大学で卓球部に所属していた過去があり、国体にも出場するほどの実力の持ち主だったようです。

また、大学卒業後は福岡日産自動車の実業団に所属。

結婚後、石川佳純さんを出産したことをきっかけに、久美さんは卓球を1度引退しています。

石川佳純さんは母親の姿をみて卓球の道へ

石川佳純 母親 エピ

ですが石川佳純さんが2歳になった頃友人に勧められ、31歳のとき国体出場を目標に復帰した久美さん。

そんな母親の戦う姿を近くで見てきた石川佳純さんは、自分も同じように卓球の道へ進むことを決めます。

そんな久美さんと石川佳純さんの、親子愛溢れるエピソードを見ていきましょう。

石川佳純と母親のエピソード8選

石川佳純さんと母親・久美さんとのエピソード8選について紹介します。

  1. 母親の現在の仕事は
  2. 母親は教育熱心
  3. 自宅に卓球場
  4. 母親は国体選手
  5. 母親の引退のきっかけは娘との対決
  6. 卓球クラブを設立
  7. 親子でCM出演
  8. 妹はマネージャー

それぞれ見ていきましょう。

①母親の現在の仕事は

石川佳純さんの母・久美さんは自宅で「石川卓球教室」を開き、「山口ジュニアクラブ」の監督をされています。

久美さんの卓球経験を活かし、子供たちに卓球を教えています。

「この教室から全国優勝できる子を育てていきたい」

このように目標を語っていた久美さん。

すでに世界レベルで活躍する石川佳純さんを育てていますので、さらに新しい選手が育ち、活躍することも期待できそうですね。

②母親は教育熱心

石川佳純さんの母・久美さんは卓球だけでなく、教育熱心な一面もあります。

  • フラッシュカードを使った知育教育
  • 公文(くもん)
  • バレエ・ピアノ・水泳

幼い頃から、さまざまな勉強や習い事をさせてきた久美さん。

しかし、石川佳純さんはどれも長続きしなかったそうです。

結局、母・久美さんが頑張っている卓球に1番興味を持ったのでしょう。

その才能は素晴らしく、わずか3ヶ月ほどで大会で結果を残すほどの実力でした。

③自宅に卓球場

石川佳純さんが卓球を始めたのは、小学1年生のころでした。

本格的な練習になってくるにつれ、練習場の問題が出てきました。

当時は、往復2時間かけて卓球場のあるスポーツセンターに通ってたそうです。

石川佳純 母親 エピ

その時に家を建て替える話があったので、父親のこんな一言で自宅に卓球場併設。

「自宅を卓球場にしたらいい」

練習する環境が選手にとってどれだけ大事か分かっているからこそ、思い切って自宅に卓球場を作ったのでしょう。

④母親は国体選手

石川佳純さんの母・久美さんは、元卓球選手で実業団に入っていたほどの実力者です。

久美さんは結婚、出産を機に引退しましたが、石川佳純さんが2歳の頃に友人の勧めで復帰することになりました。

初めての子育ては大変なことが多かったようで、こんなコメントを残されています。

卓球をしている時間は解放された気分

現役復帰した久美さんは、育児と卓球の両立をし、なんと山口県代表の国体選手にまでなりました。

そんな母の姿を見て育った石川佳純さんが、卓球の道に進むのは必然だったのかもしれませんね。

⑤母親の引退のきっかけは娘との対決

卓球選手に復帰後、国体の選手にまでなった久美さんですが、数年後に引退することに。

きっかけは石川佳純さんとの対決でした。

石川佳純さんが小学5年生の時、公式大会で親子対決をしましたが、母・久美さんは負けてしまいました。

⑥石川佳純さんを一流選手にするためにクラブ設立

自身の娘に負けた久美さんは卓球を引退し、石川佳純さんを一流選手にするために「山口ジュニアクラブ」を設立しました。

石川佳純さんや他の子供たちに卓球を教えながら、石川佳純さんの生活面でのサポートをしていくことに。

現在、久美さんは石川佳純さんの海外遠征などにも帯同。

お米や炊飯器などを持っていくなど、食事や健康面でのサポートをされています。

⑦親子でCM出演

石川佳純さんと母・久美さんは、P&Gのオリンピック「ママの公式スポンサー」キャンペーンのCMに出演しました。

「お母さん、ありがとう・母との夢」編に親子出演。

「これからもチャレンジする姿勢を忘れないで」

石川佳純は母親の久美さんからエールを送られていました。

⑧妹はマネージャー

石川佳純さんには4歳年下の妹、石川梨良(りら)さんがいます。

石川佳純さんと同じように、幼い頃から卓球をしていましたが、大学卒業と同時に引退されています。

現在、妹の梨良さんは、石川佳純さんのマネージャーとしてサポートされています。

「練習相手もできるし、家族だから身の回りのことも気兼ねなく頼めるかと思って」

母親だけでなく、家族みんなで石川佳純さんを支え、応援しているのが伝わってきますね。

まとめ

石川佳純さんと母親・久美さんのエピソードを紹介しました。

家族だからこその厳しさと優しさ、親子の愛情が感じられましたね。

これからも家族の支えと共に、世界の舞台で活躍していって欲しいです。