恋愛

【顔画像】小平奈緒の父親の名前は康彦!9個の仲良しエピソードも

小平奈緒 父親

スピードスケートの小平奈緒さん。

そんな小平奈緒さんですが、父親との関係性も良いようで、SNSでも仲良しエピソードなどを披露しています。

今回の記事ですが、小平奈緒さんの父親の顔画像を交えながら紹介していきます。

【顔画像】小平奈緒の父親の名前も

小平奈緒 父親

こちらは小平奈緒さんの父親である『小平康彦(やすひこ)』さんです。

そんな小平奈緒さんのお父さんですが、非常に仲が良いようで、考え方に大きな影響を与えてくれているそうです。

【小平奈緒】父親との仲良しエピソード

小平奈緒 父親

小平奈緒さんと父親の康彦さんとの仲良しエピソードはこちらとなります。

  1. 二人三脚でスケートの研究をしていた
  2. 好奇心を鍛える教育をしていた
  3. 知識を身につけることを大切
  4. 自己責任で生きる
  5. 自己管理の大切さ
  6. 父の日にプレゼント
  7. よく怒られていた
  8. 英語で人と話すことが好き
  9. オランダ留学を延長した理由は父だった

それぞれ確認していきましょう。

二人三脚でスケートの研究をしていた

当時はスケートの教科書が手近になく、近くのリンクで大会があるたびに、連れて行ってと頼んでいました。父もトレーニングの知識を持っていなかったし、小学校まではコーチにも教わっていなかったので、とにかくトップ選手の滑りを観に行くというのが一番の学びの現場でした。メモ帳を片手に、リンクサイドでかぶりつくように見ていましたね

小平奈緒さんの父親はスケートをされたことがないので、一緒に研究しながら技術やスキルを磨いたそうです。

『手は大きく振ったほうがいい』

父とふたりでその場で実践したり、話し合いながら練習も意識しながら続けたそうです。

好奇心を鍛える教育をしていた

好奇心を育ててあげることが大事で、それには行動の面でも気持ちの上でも決して子どもの前を歩かない。

小平奈緒さんの父親は好奇心を育てることを意識して、教育をされたようです。

実際にスピードスケートのスキルや技術を一緒に考えたり、なぜなのか?

ここを考えることに知的好奇心をつけられたからこそ、今の小平奈緒さんがいるのかもしれませんね。

知識を身につけることを大切

https://twitter.com/Nao_kodaira/status/1119469226576596993

小平奈緒さんは常に物事に対して、探究心がある選手です。

それほど向上心がある選手ですが、それは父親の教育方針があったからこそなのかもしれません。

両親は幼少期から好奇心を持ち、自ら考え、発見することを大事に子供たちと接してきたという。

出展:スポーツ報知

こちらは小平奈緒さんの父親の教育方針について記載された記事ですが、素晴らしいですね。

自己責任で生きる

「全ては自己責任だ」と、父はここでも背中を押してくれました。

これは小平奈緒さんが高校生の時に一人暮らしをスタートしたときに掛けてくれた言葉のようです。

自分の選んだ道は自己責任。風邪を引くのも自己責任。自分の責任だと思えば、逆にいろんなことに挑戦できるんです。

だからこそ、小平奈緒さんは自分の選択に自信が持てるようになり、成果が出るようになったとコメントされています。

自己管理の大切さ

https://twitter.com/Nao_kodaira/status/640462265637040128

小平奈緒さんは小さい頃から父親に生きていく上で大切なことを多く学んでいます。

自己管理に関しては、小平奈緒さんが利用するモノはもちろん。

体調管理なども含めて全てですが、小平奈緒さんのストイックさの原点はお父さんの影響があるのは間違いないですね。

よく怒られていた

父が電話をしているときにうるさくしたり、場をわきまえずにいると厳しく叱られました

小平奈緒さんは小さい頃によく父親から叱られたようです。

姉たちは、父の怒りをかわす術(すべ)を知っていたようですが、私にはそれがなく、すべてを真正面から受け入れていた感じです

なんでもお姉さん達は交わす方法を知っていたようで、全て小平奈緒さんが受け止めていたようですね。

父の日にプレゼント

https://twitter.com/Nao_kodaira/status/1008324366059225088

小平奈緒さんは父の日に忘れずにプレゼントを送ったそうです。

ただ、姉の2人は忘れていたようですね。

英語で人と話すことが好き

父は英語で人としゃべることが好きで、当時オランダで教わっていたコーチから「奈緒をもう1年オランダに置いてもよいか」と話された時に、父が「You can keep it.」と即答したんですね。私、“it”じゃないのになぁ、と思って…。

小平奈緒さんがオランダ留学に訪れた際の出来事です。

小平奈緒さんの父親は英語で人と話すことが好きなようですね。

ちなみに父親は小平奈緒さんに人と話す大切さも教えていますが、人間関係を大切にされているのがわかります。

オランダ留学を延長した理由は父だった

「オランダに行ったのはソチ五輪が終わって2ヶ月後の4月(2014年)でした。1年のつもりでしたが、滞在2ヶ月くらい経った6月頃に父からメールが届いて、『1年で終わりにするには、もったいない。奈緒の人生は、神様がくれた時間。思う存分悔いのないように使え!』って。

その結果、小平奈緒さんは2年間オランダでスピードスケートを練習。

その結果、スキル面はもちろんですが、精神面でも成長が出来たとコメントされています。

まとめ

今回の記事では小平奈緒さんの父親について紹介していきました。

また他の記事でも小平奈緒さんについて紹介しているので、ぜひご覧ください。