オリンピック

【児玉芽生の家族構成】姉は陸上選手で弟が1人!母子家庭だった

2020年開催の日本陸上競技選手権大会に出場し、女子100mで初の日本選手権制覇を果たした児玉芽生さん。

数々の記録を残し、注目されている児玉芽生さんですが、今回はそんな児玉芽生さんの家族についてご紹介します。

児玉芽生の家族構成

児玉芽生さんの家族構成はこちらです。

  • 姉:彩希さん

ちなみに、母親と弟の名前は公開されていません。

それでは、それぞれ確認していきましょう。

児玉芽生の姉は陸上選手で名前や顔画像も

児玉芽生さんの姉の名前は、彩希さんです。

姉の彩希さんも陸上選手で、児玉芽生さんが陸上を始めたのも姉の彩希さんの影響なんだとか。

姉は早稲田大学で陸上の実績も凄い

児玉芽生さんの姉の彩希さんは、スポーツ推薦で早稲田大学に入学しました。

早稲田大学でも、陸上を続けているようです。

大学の陸上仲間は、彩希さんのことをこう話しています。

  • 「初速が速いというか、スピードに乗るまでが速いです。」
  • 「プライベートは笑った顔が本当にかわいいです。(笑ったときの)目の形がかわいい。」

(早稲田スポーツ新聞会より)

初速の速さは、彩希さん本人も、自身の持ち味だと語っています。

陸上ではかっこいい姿を見せる彩希さんですが、プライベートは可愛らしい一面があるようですね。

ジュニアオリンピックや国体で優勝経験も

彩希さんは、中学生までは100m、200mを専門にしており、中学3年生の時には200mでジュニアオリンピック優勝を果たしました。

大分雄城台高校に進学後は400m障害に転向し、高校3年生の時には和歌山国体で優勝しています。

種目を変えても素晴らしい実績を残しているのは凄いですよね。

児玉芽生には弟が1人で母子家庭だった過去も

児玉芽生さんには弟がいるということは明らかになっているのですが、名前や現在何をされているのかは明らかになっていません。

遠征費や治療費は自身で稼いでいる

母子家庭の家で育った児玉芽生さん。

地元大分を離れ、福岡の大学に通っていますが、遠征費や治療費も、アルバイトをして自分で稼いでいるそうです。

競技生活、大学の授業、そしてアルバイトと両立している児玉芽生さんの努力は計り知れません。

児玉芽生のプロフィール

 

児玉芽生さんのプロフィールはこちらです。

  • 名前:児玉 芽生(こだま めい)
  • 生年月日:1999年6月8日
  • 身長:160cm
  • 出身地:大分県臼杵市
  • 出身高校:大分県立大分雄城台高等学校
  • 出身大学:福岡大学人文学部教育・臨床心理学科

まとめ

今回は、児玉芽生さんの家族についてご紹介しました。

陸上をしていた姉の影響で児玉芽生さんも陸上を始め、姉妹揃って素晴らしい実績を残しています。

また、自身でアルバイトをしながら競技生活を行う児玉芽生さん凄まじい努力も伺えました。

今後の児玉芽生さんのますますの活躍に、期待が高まりますね。