オリンピック

【古賀紗理那の家族構成】父親や母の顔画像や名前も!姉が1人でエピソードも

高校生で全日本に選ばれたNECレッドロケッツ所属の古賀紗理那選手。

東京オリンピック女子バレー日本代表の副主将に就任し、同時にエースとしての役割も担い日々バレーボールに取り組んでいます。

今回の記事ではエピソードを交えつつ古賀紗理那さんの家族構成についてお伝えします。

古賀紗理那の家族構成

古賀紗理那さんの家族構成はこちらです。

  • 父:古賀裕正(こが ひろまさ)
  • 母:古賀博枝(こが ひろえ)
  • 姉:古賀麗那(こが れいな)
  • 古賀紗理那さん
  • 祖父:古賀義治(こが よしはる)

順に紹介していきます

古賀紗理那の父親の顔画像や名前も

古賀紗理那さんの父親の名前は古賀裕正さんです。

職業はサラリーマンで、小中学校で野球をされていたんだとか。

そんな古賀紗理那さんですが6歳の時に、父親の転勤で佐賀県→熊本県になったようですね。

古賀紗理那と父親とのエピソードまとめ

古賀紗理那さんは壁にぶち当たった時は父・裕正さんにアドバイスを求めてきたそうです。

”自分はバレーを知らないのに、声の出し方とか、力の入れ具合を聞いてくる。

それだけ、そのときは追い詰められていたんでしょうね。

それでも聞いて、なにかしらヒントがないか探す。そういうことだったんだと思います。”

声の出し方までに気を配れる選手ってなかなかいないですよね。

古賀紗理那の母親の顔画像や名前も

古賀紗理那さんの母親の名前は古賀博枝さんです。

博枝さんは中・高校時代にバレーボールを経験されています。

”女の子が産まれたらバレーをさせたい”

博枝さんは古賀紗理那さんをよくママさんバレーに連れていったんだとか。

その影響で古賀紗理那さんは小学2年生頃からバレーボールに打ち込みます。

幼少期から才能の片鱗があった

「才能の片鱗」はすぐに見ることができたと博枝さんは言います。

当初からダッシュやトスのフォームが様になっていたとのことです。

母親のプレーをを近くで見て「お母さんのようにうまくなりたい」と思いながら練習していたのではないでしょうか ^^

古賀紗理那には姉が1人で名前やエピも

古賀紗理那さんの姉の名前は古賀麗那さんです。

古賀紗理那さんの2歳年上で、身長は175cmです。

麗那さんも母親の影響を受け、バレーボールに熱中します。

そんなお姉さんのことを古賀紗理那さんは慕っているようです。

なんでもバレーボールの強豪校7校からオファーを受けましたが、姉の麗那さんの通う熊本信愛女子学院入学を選びます。

高校1年生時にはレギュラー入りを勝ち取り、姉と二人で「ツインタワー」として活躍します。

その年、熊本信愛女子学院は「春高」ベスト4を果たします。

古賀紗理那と祖父とのエピソード

古賀紗理那さんの祖父の名前は古賀義治さんです。

古賀紗理那さんは自他ともに認める「おじいちゃん子」のようです。

そんな二人は頻繁に電話で連絡を取り合あっています。

祖父は古賀紗理那さんを支えている

2018年のジャカルタ大会前に古賀紗理那さんが日本代表から外されたとき落ち込んでいるところを敏感に察知してくれたのは義治さんでした。

”それまで一人で泣いていたのが、また涙が出てきて。あのときのじいちゃんとの電話では、本当に泣きました。『やめたくなったら、やめてもいいよ』という言葉に、すごく救われました。”

負けず嫌いでめったに人に弱みをみせない古賀紗理那さんは祖父・義治さんに対しては素の姿でいられます。

義治さんにはありのままの古賀紗理那さんを包み込む優しさがあります。

まとめ

以上が鈴木紗理那さんの家族構成でした。

本当に仲が睦まじい家族ですね。

今後の活躍にさらに期待です。