オリンピック

【向田真優の家族構成】父親は格闘家で母は空手経験者!顔画像も

女子レスリング53キロ級で期待がかかっている向田真優(むかいだまゆ)さん。

なんでも両親から格闘家の血を引くようで、父親はブラジリアン柔術。

そして母親は空手経験者だったんだとか。

今回は向田真優さんの家族構成をまとめて紹介していきます。

向田真優さんの家族構成

向田真優さんの家族構成はこちらです。

  • 父親
  • 母親
  • 向田真優

それぞれ確認していきましょう。

向田真優さんの父親は格闘家

こちらは向田真優さんの父親の向田淳史(あつし)さんです。

なんでも全日本のブラジリアン柔術の大人部門で準優勝をしているほどの才能の持ち主。

ブラジリアン柔術とはブラジルの格闘技のことをいって、レスリングとにている部分も多いようです。

この他にも2014年には全日本マスターズレスリング選手権で準優勝したんだとか。

父親のすすめでレスリングへ

そんな向田真優さんですが、子供の頃は空手をされていたようですね。

ただ、父親の助言を受けてレスリングへ転向されたようです。

ちなみに向田真優さんの父親のモットーは『人にやさしく、自分に厳しく』とのことでした。

向田真優さんの母親は空手家

こちらは向田真優さんの母となります。

なんでも向田真優さんの母親は空手をされていたようで、後ほど登場する姉。

そして向田真優さんが空手をしようとしたキッカケとなる人物です。

向田真優さんの試合は毎回応援に駆けつけているようで、娘さんのサポートをされているんだとか。

向田真優の弟は中学の全国王者

さて、向田真優さんの弟さんも将来オリンピック選手となる可能性が高いです。

名前は向田旭登さんというようです。

なんでも三重の四日市南にある四日市ジュニア教室に通っているようですが、全国中学選抜選手権の男子44kg級の優勝をされたそうです。

またその後は埼玉県にある埼玉栄高等学校に進学。

2020年にはインターハイで2位、2021年にはインターハイで5位という好成績を残しています。

姉についてのコメントはこちら

こちらは全中で優勝したときのコメントです。

6歳上の姉は中学入学と同時に三重を離れてJOCエリートアカデミーに入校した。そのため、姉の帰省以外で一緒に練習する機会はなかったが、「減量の方法や体の休め方など、よくアドバイスしてくれます」と、常に気にかけてくれるという。「仲いいね」の声に、「ええ」とにっこり。そんな姉の世界一復帰は、当然「刺激になった」とのこと。

向田真優さんの姉も空手経験者だった

向田真優さんの姉も空手経験者だったようで、向田真優さん自身も姉の影響があったとコメントされています。

向田真優さんのプロフィールまとめ

名  前:向田真優

生年月日:1997年6月22日

出  身 地:三重県

向田真優さんは吉田沙保里2世と言われている期待のホープです。

そのため今後の活躍が非常に楽しみですね。

まとめ

今回の記事では向田真優さんの家族構成について紹介していきました。

本当に格闘一家で弟さんも将来的にオリンピック選手になるのは間違いないでしょう。

今後の活躍に期待です。