NEWS

【名言集】煉獄杏寿郎の名セリフ15選!本編&外伝から紹介!画像も

鬼滅の刃の無限列車編で最重要人物の煉獄杏寿郎。

煉獄杏寿郎の名セリフが好きなファンは多いと思います。

炭治郎たちのその後にも大きな影響を与えた、熱い漢「炎柱・煉獄杏寿郎」。

そんな煉獄杏寿郎の名セリフを鬼滅の刃本編と外伝から画像と合わせて、15個紹介していきます。

煉獄杏寿郎の名言&名セリフを15選紹介!

熱い性格とかっこいい生き様から、たくさんの名言と名セリフがある煉獄杏寿郎。

煉獄さんの名言が心に刺さったファンは多いのではないでしょうか。

それでは早速、煉獄さんの名言&名セリフを15個選んだので紹介していきますね!

煉獄杏寿郎の名言①うまい

無限列車内でお弁当を食べながら、「うまい!」と連呼する煉獄さん。

煉獄さんといえば、この「うまい!」が真っ先に思いつきます。

この様子を見た炭治郎たちは、少し引き気味で見ていましたね。

このとき煉獄さんは、お弁当を11個食べて、「うまい!」を単行本で12回、劇場版で17回連呼しています。

煉獄さんの真っ直ぐな性格が伝わってきますね。

煉獄杏寿郎の名言②心を燃やせ

煉獄さんが猗窩座との戦いの後に、その場にいた炭治郎と伊之助、そして一緒に戦った善逸に向けて発した名言です。

「己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと 心を燃やせ 葉を食いしばって前を向け」

この「心を燃やせ」は、炭治郎にとって大きな影響を与えた言葉で、その後の戦いで自分を鼓舞するために唱えていましたね。

炎柱らしい名言ですね。

煉獄杏寿郎の名言③胸を張って生きろ

猗窩座との戦いで致命傷を負った煉獄さんが、炭治郎たちに言った名言です。

煉獄さんは、炭治郎と鬼である禰豆子を処刑しようとしていました。

しかし、そんな煉獄さんが二人を認めた際に言ったとても印象深い名言です。

煉獄杏寿郎の名言④よもやよもやだ。柱として不甲斐なし。穴があったら入りたい!

無限列車で下弦の壱・魘夢の血鬼術で眠らされた煉獄さんが、目を覚ました時に言った言葉です。

「よもやよもや」とは、「まさか」や「予想外」といった意味。

つまり柱である自分が眠らされたことに、「恥ずかしい」や「情けない」といった気持ちを煉獄さんらしく表した言葉ですね。

この名言は映画のPVでも使われ、とても有名な名言です。

煉獄杏寿郎の名言⑤だから柱である俺が来た!

煉獄さんの強さがまだ定かではなく、お弁当を食べて「うまい」を連呼するような少し変わったキャラなのかと思いましたが、自分の実力に自信があるからこその名言ですね。

自分の強さを理解している煉獄さんだからこその言葉だと思います。

煉獄杏寿郎の名言⑥老いることも死ぬことも人間という儚い生き物の美しさだ

上弦の参・猗窩座との戦いで、猗窩座が煉獄さんに「鬼にならないか 杏寿郎」と鬼になることを勧めてきます。

その時に煉獄さんが迷わずに言った名言です。

鬼が存在する世界で、人間であることに誇りを持つ煉獄さん。

「老いること」や「死ぬこと」という「ネガティブなこと」と捉えがちですが、それが「人間の美しさ」と説くこの名言に感動したファンは多いのではないでしょうか。

煉獄杏寿郎の名言⑦この煉獄の赫き炎刀がお前を骨まで焼き尽くす!

無限列車内で、突如現れた鬼に対してこのセリフと共に鬼を倒しました。

「煉獄の赫き炎刀」の「煉獄」とは、自分のことなのか、それとも別の意味があるのか。

おそらく、自分のことではなく、名刺として使われています。

煉獄杏寿郎の名言⑧強さというのは肉体に対してのみ使う言葉ではない

猗窩座が炭治郎のことを、弱いと侮辱した際にこの名言を言いました。

煉獄さんからは怒りを感じ、猗窩座に対して「彼を馬鹿にするな」と言い放ちました。

鬼と比べて、人間の方が肉体の強さは劣りますが、本当の強さは他にもあると信じているからこその言葉ですね。

煉獄杏寿郎の名言⑨俺は俺の責務を全うする!ここにいる者は誰も死なせない!

猗窩座との厳しい戦いで、目が潰れ、身体がぼろぼろになりながらも、傷ついた炭治郎たちや列車の乗客を守りながら戦う煉獄さん。

煉獄さんの「責務」とは、鬼を倒すことではなく、「誰も死なせない」ことです。

柱として、人としての真の強さが見られた名言でしたね。

煉獄杏寿郎の名言⑩竈門少年 俺は君の妹を信じる 鬼殺隊の一員として認める

猗窩座との戦いの後、悔しくて泣き叫ぶ炭治郎に、「最後に少し話をしよう」と声をかけます。

このときに、煉獄さんが炭治郎に言った名言です。

無限列車で鬼から乗客を守るために、血を流して戦った禰豆子のことを煉獄さんは見ていました。

煉獄さんは鬼である禰豆子は処刑するべきと考えていましたが、禰豆子の戦っている姿を見て、鬼殺隊として認めると言いました。

人して、柱として、心の広さと器の大きさを象徴する名言でしたね。

煉獄杏寿郎の名言⑪柱ならば誰であっても同じことをする 若い芽は摘ませない

煉獄さんの死が間近に迫っている時に、炭治郎たちに言った最後の言葉です。

自分が鬼との戦いで死ぬことに対して、炭治郎たちに責任を負わせないようにする煉獄さんの優しさを感じるシーンでした。

また、「柱ならば」と言ったことで、他の柱の仲間に対する信頼を感じました。

煉獄杏寿郎の名言⑫母上 俺の方こそ 貴方のような人に生んでもらえて光栄でした

猗窩座との戦いで致命傷を負った煉獄さんは、幼少期に母親から問いかけられたことを思い出します。

「なぜ自分が人よりも強く生まれたのか わかりますか」

「弱き人を助けるためです 弱き人を助けることは強く生まれた者の責務です」

この母上からの言葉を胸に、煉獄さんは自分の責務を全うしていたのですね。

煉獄杏寿郎の名言⑬母上 俺はちゃんとやれただろうか やるべきこと 果たすべきことを全うできましたか?

煉獄さんの命が残りわずかになった際、母の幻を見て母に問いかけた言葉。

すると母は、「立派にできましたよ」と優しく微笑みました。

それを見た煉獄さんも笑顔で、旅立ちました。

母の言葉を胸に、責務を全うしてきたからこそ、最後に母上は認めてくれると思っていたことでしょう。

煉獄杏寿郎の名言⑭昨日の自分より確実に強い自分になれる

下弦の壱・魘夢を倒した時に、大量の血を流した炭治郎にかけた言葉です。

全集中の呼吸で止血しようとしていた炭治郎に、煉獄さんが全集中の常中ができるようになったことを褒めました。

努力すれば強くなれること。

地道な努力をすることが、強くなる近道だと伝えたかったと思います。

煉獄杏寿郎の名言⑮父には身体を大切にしてほしいと

死を目の前にした煉獄さんが、最後に家族に言葉を残しました。

元柱だった父親ですが、お酒を飲んで暴言を吐くこともありました。

柱になった煉獄さんに、「くだらん」と言い放ったこともありました。

それでも、そんな父を嫌うことなく、尊敬していたからこそ、最後まで父の体調に気を遣える優しい煉獄さん。

とても感動的なシーンでしたね。

まとめ

煉獄さんのかっこいい名言&名セリフを紹介しました。

煉獄さんの名シーンたちは、「無限列車編」として映画化されたこともあり、印象に残っているファンは多いと思います。

煉獄さんの言葉に力をもらったファンは多いのではないでしょうか。

どの名言も煉獄さんらしく、「強さ」「優しさ」が伝わってきましたね。