恋愛

【坂本花織の家族構成】父親は警察官で母は専業主婦!姉は2人で社会人

女子フィギュアスケーターの坂本花織選手。

父親は警察官、母親は専業主婦で坂本花織選手の活躍をサポートしています。

さらに姉が2人いて社会人なんだとか。

家族構成や母親の献身的なサポート、家族の関係性をまとめてご紹介します。

坂本花織の家族構成まとめ

坂本花織さんの家族構成はこちらです。

  • 父親
  • 母親
  • 坂本花織さん

坂本花織さんは3姉妹の末っ子にあたります。

それぞれ確認していきましょう。

坂本花織の父親は警察官!顔画像も

こちらが坂本花織さんの父、坂本修一さんです。

坂本花織の父親は警察官

坂本花織さんの父親である坂本修一さんは、元警察官です。

神戸の三田署副署長を経て、地域指導科で務められていました。

写真は2019年5月10日に、坂本花織さんが神戸市長田区で兵庫県警の「一日安全大使」を務めた際に撮られたものです。

写真から仲の良い様子が伝わってきますね。

このとき59歳だったので、現在は定年を迎え退官されているものと思われます。

現在はスポーツメンタルコーチとしてご活躍中

坂本花織 父親

現在の坂本修一さんは、スポーツメンタルコーチとしてご活躍されています。

スポーツメンタルコーチとは、アスリートの精神面のケアを行い、スポーツを楽しむとともに能力を十分に発揮できるよう導く仕事です。

トップアスリートである坂本花織さんを、そばで支え続けてきた経験が最大限に生かされる職業ですね。

いまでは坂本花織さんをはじめ、アスリートとアスリートを支える人々の支えとなるべく活動されています。

坂本花織さんへの溢れる愛

Twitterも活用されています。

坂本修一さんのツイートからは、娘である坂本花織さんへのあふれる愛を感じますね。

応援してくれるファンへの感謝も忘れません。

坂本花織の母親は専業主婦!

坂本花織さんの母親である坂本悦子さんは、一般の方で専業主婦をしているようです。

父親の坂本修一さんは警察官をしており、仕事で忙しい生活だったことがうかがえます。

4歳でスケートを始めた坂本花織さんの生活を、そばでずっと支えてきたのは母親の悦子さんでしょう。

トップフィギュアスケーターにまでなると、体重管理をはじめ生活の制限も厳しくなります。

日々の食事管理から練習の送迎、精神面の管理まで、一手にこなしてきたのではないかと思われます。

お弁当も手作りされているようです。

「生活面については厳しいが、スケートでは優しい言葉で慰めてくれ、弁当作りや練習の送迎もしてくれる」

坂本花織選手の活躍は、母親の厳しくも献身的なサポートによって実現しているのですね。

坂本花織の母は応援グッズなどを作成してサポート

2019年4月11日に福岡マリンメッセで行われた「フィギュアスケート世界国別対抗戦」では、母親の手作り応援グッズに関する報道がありました。

タオルに、出場選手それぞれのイニシャルを刺繍して作ったそうです。

このときの日本代表選手は全員で8名。

練習の送迎や食事作りの合間をぬって全員分の刺繍を作成していたことを考えると、選手たちを思う気持ちが伝わってきますね。

坂本花織にとって母親は支えとなっている

辛いときに支えになっているのは、やはり母親の存在のようです。

「怪我で練習できなかったとき、(母が)『今しかできないことをやればいいじゃない』と言ってくれ、立ち直れた」

坂本花織さんはジュニア時代から注目を集める選手でしたが、2015年~2016年のシーズンに疲労骨折を経験しています。

リンクに立てない日々が続き、つらい思いをされたことでしょう。

そんなときに必要な言葉をかけてあげられる母親の存在は、大きな心の支えとなっているようです。

坂本花織の姉は2人で社会人

坂本花織さんには2人の姉がいて、ともに社会人として働かれています。

驚くのがその年齢差で、上の姉が14歳差、下の姉が12歳差にもなります。

3姉妹の末っ子として両親にもお姉さんたちにも可愛がられて育ったことがうかがえます。

姉2人はフィギュアスケートはしていない

姉2人はフィギュアスケートはしておらず、水泳をやっていたようです。

お姉さんと同様に坂本花織さんも幼い頃は水泳をやっており、週5回と本格的に習っていたそうです。

「家族は好きなようにさせてくれる。家族が支えてくれているので、恩返しというか、頑張らなければと思えた」

両親のみならず2人の姉も、坂本花織さんの活躍には欠かせない存在なのでしょう。

まとめ

日本を代表するフィギュアスケーター、坂本花織さんの家族についてまとめました。

温かい家族の存在が、坂本花織さんの強さのカギになっているようですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。