オリンピック

【八木かなえの家族構成】父親や母の名前や仲良しエピソードも!弟が1人

八木かなえ 父親

ウエイトリフティングの八木かなえ選手。

そんな八木かなえさんですが、父親と母親と非常に仲が良いようです。

今回は八木かなえさんの家族構成について、エピソードを交えつつ紹介していきます。

八木かなえさんの家族構成

八木かなえさんの家族構成はこちらです。

  • 父親:八木鳴彦さん
  • 母親:八木芳美さん
  • 八木かなえさん

それぞれ確認していきましょう。

八木かなえさんの父親の名前やエピソードまとめ

八木かなえ 父親

八木かなえさんの父親の名前は八木鳴彦さんです。

父親はウエイトリフティングの経験はなかったので技術面以外の部分でのサポートを徹底していたようです。

八木かなえさんのコトを毎朝の朝練に間に合うように車で送り届けていたようです。

ちなみに出発時間は6時30分だったようですが、高校までの30分間は八木かなえさんはずっと眠っていたようです。

「かなえにとって睡眠時間の確保が重要でしたから」

そんな父親のサポートがあったからこそ、八木かなえさんの活躍があるわけですね。

自宅にはウエイトリフティングのことは持ち込ませない

八木かなえさんはお父さんの方針で自宅でウエイトリフティングの話はしなかったようです。

「厳しい練習が終わったのに、親が家庭でまで競技の話題を持ち出してストレスを感じてほしくなかった」

基本的には大会のスケジュールのみで、大会でメダルを取ったらとにかく褒めていたそうです。

八木かなえさんの母親の名前やエピソードまとめ

八木かなえ 母親

八木かなえさんの母親の名前は芳美さんといいます。

とにかく食事面のサポートをされており、健康管理に気を使って油物を避け、野菜を多めになっていたようです。

八木かなえ 母親

この他にもウエイトリフティングの体力作りのための特製弁当を作っていたようです。

こちらはたんぱく質が多く含んでいるささみ弁当ですね。

八木かなえさんにウエイトリフティングを勧めたのは母親

八木かなえさんは5歳から15歳まで器械体操をされていたようです。

ただ、ウエイトリフティングを接する機会があり、帰って両親に話したそうです。

その結果、父親はどうした的な反応だったようですが、母は勧めてくれたそうです。

「意外と向いてるんじゃない?」

その結果、八木かなえさんはウエイトリフティングをスタートすることになります。

八木かなえさんにとって家族とは?

八木かなえ 家族構成

八木かなえさんにとって家族とはどんな存在なのでしょうか?

「練習に打ち込めて選手として成長できたのは、リラックスできる生活があったおかげ。心の支えになった」

このように家族には感謝を伝えています。

ちなみに家族4人で買い物をすることもあるようで、本当に仲が良いようですね。

まとめ

今回の記事では八木かなえさんの家族構成について紹介していきました。