オリンピック

【山縣亮太】父親が帽子をする5つの理由とは?病気を心配する声も!画像

山縣亮太

男子陸上競技選手、山縣亮太さん。

メディアなどに度々登場する父親が、いつも帽子をかぶっていると注目が集まっています。

今回は、そんな山縣亮太さんの気になる父親について調べてみました。

【山縣亮太】父親の顔画像や名前はこちら

山縣亮太 父親

こちらが山縣亮太さんの父親・山縣浩一さんです。

2021年現在61歳。

優しそうな笑顔と目元が山縣亮太さんにそっくりですよね。

スポーツ用品販売会社の代表

山縣亮太さんの父親・浩一さんは、広島県でスポーツ用品の販売などおこなう株式会社ニシヒロを経営。

山縣亮太 父親 会社
株式会社ニシヒロ

(事業内容)

・スポーツ用品の販売

・スポーツ用品の各種メンテナンス

・学校体操服の販売

主力製品はサッカー関連の製品のようで、2012年からはJリーグ「サンフレッチェ広島」の株主にもなっています。

山縣亮太 父 会社

店頭には山縣亮太さんが日本新記録を出した時の新聞記事も。

それでは気になる山縣亮太さんの父親・浩一さんについて、詳しく見ていきましょう。

 【山縣亮太】なぜ父親はいつも帽子?理由は病気と心配する声も

山縣亮太 父 帽子

山縣亮太さんの父親・浩一さん。

しばしばメディアなどに登場されていますが、いつも帽子をかぶっています。

いつも同じタイプの帽子を

いつも同じタイプの帽子をかぶっている山縣亮太さんの父親・浩一さん。

山縣亮太 父 山縣亮太 父

黒いロールキャップタイプの帽子を愛用中のようです。

どんな髪型をしているのか気になりますが、帽子がとても似合っていますよね。

山縣亮太 父

こちらは2003年頃の山縣亮太さんと父親の浩一さんですが、当時から帽子をかぶっていることがわかります。

ネットではなぜ?の声も

浩一さんがいつも帽子をかぶっていることについて、ネット上では「なぜ?」の声が。

また、一部では「病気なのでは?」と心配する声もあるようです。

いつも帽子の理由は?

山縣亮太 父山縣亮太さんの父・浩一さん。

いつも帽子をかぶっていますが、その理由は特に明かされていないようです。

ただ、一部ネットで言われている理由としてはこちら。

  1. 髪型を整えるのが面倒
  2. 頭髪の毛量が気になる
  3. 病気(無毛症や乏毛症)の可能性
  4. トレードマークとしている
  5. カッコよく見られたい

山縣亮太さんは父親が病気とも語っていません。

またどんなスタイルの時にも帽子をかぶっていることから、④の説である帽子がトレードマークなのかもしれませんね。

【山縣亮太】父親との仲良しエピソードを紹介

山縣亮太 父

山縣亮太さんと父親の浩一さん。

とても仲の良い親子のようです。

未熟児として誕生

1992年6月10日、1730グラムの未熟児として誕生した山縣亮太さん。

予定日より2ヶ月程早く産まれたため、身体にはチューブが通され新生児集中治療室で55日間を過ごすことに。

父親の浩一さんは当時の心境をノートに綴っていました。

山縣亮太 父

6月12日(金)

「どうか、どうか無事に育って下さい・・・。」

山縣亮太 父

6月13日(土)

「生まれた時は小さかったが、高く大きくたくましく育ってほしい」

そう綴っていた父親の浩一さん。

父親の願い通り、山縣亮太さんはたくましく成長し日本を代表する陸上選手に。

山縣亮太さんはこのノートを実際には見たことがないそうですが、両親について次のように語っています。

「両親への感謝は絶対に忘れない」

そしてこんな習慣も生まれたのです。

「朝起きて、故郷の広島に手を合わせる」

常に褒め続けることを意識

山縣亮太

また、山縣亮太さんの父親・浩一さんは、子育ての中で常に褒め続けるということを意識していたようです。

  • 陸上で怒ったことはない
  • タイムの良し悪しの判断基準がないため、常に「よかったね」と褒め続ける
  • 褒め続けることで才能を伸ばし、サポートした

このため、山縣亮太さんが陸上を嫌いになることはなかったのだとか。

素敵な親子関係ですよね。

まとめ

山縣亮太男子陸上競技選手、山縣亮太さんの父親についてまとめました。

最後までご覧いただきありがとうございました。