NEWS

【2022現在】四千頭身は消えた?消えそうや最近見ないと言われる5つの理由も

2016年に結成された四千頭身ですが、最近テレビで見なくなったという声を耳にします。

見なくなったことから、芸能界から干されたのではという噂も出てきています。

今回は四千頭身が消えたと言われる5つの理由についてまとめてみました。

【2022現在】四千頭身は消えた?消えそうとの声も多数

四千頭身 消えた

少し前まではバラエティを中心に数多くの番組に出演されていたように思いますが、どうして見なくなったのでしょうか。

こちらは四千頭身のテレビ出演時間を時系列でグラフ化したものになります。

2019年~2020年頃をピークに、出演時間が少なくなっていることが分かります。

また、ネットで四千頭身を検索しようとすると「消えた」というワードが出てきます。

なぜ、消えたと言われるようになったのでしょうか。

四千頭身が消えた5つの理由を考察

四千頭身 消えた

四千頭身が消えたと言われる理由は5つあります。

  1. You Tubeに力を入れているため
  2. アドリブ力が低いから
  3. 地方で活動をスタートしたから
  4. 第七世代のブームが終わったから
  5. ぼる塾や3時のヒロインなどトリオ芸人に仕事が移ったから

それぞれの理由を見ていきましょう。

理由①You Tubeに力を入れているため

四千頭身がテレビが消えたと言われる理由の1つは、Youtubeに力を入れているからだと言われています。

四千頭身は「YonTube(よんちゅーぶ)」というyoutubeチャンネルを2017年12月に開設しています。

多くの芸人さんがyoutubeチャンネルを開設して活躍される中、四千頭身も活動の主軸をテレビからyoutubeへ移したのかもしれないですね。

youtubeでは次のような企画で人気を集めています。

  • NijiUさんの「Make you happy」の完全コピーMV
  • 瑛人さんの「香水」のアカペラカバー
  • ボケ10名 対 ツッコミ1名 の聖徳太子漫才

このように、さまざまな企画で視聴者を楽しませてくれています。

理由②アドリブ力が低いから

四千頭身 消えた

四千頭身はシュールに作り込まれたネタが話題を呼び、お笑い第7世代の顔とまで呼ばれるまで人気を博しました。

しかし、バラエティ番組などアドリブを求められる場ではうまく対応できないことが多く、番組を見た視聴者からは厳しい評価が下されることも。

バラエティ番組の大御所であるさんまさんも、四千頭身のアドリブの弱さには心配の声を上げていたようです。

第7世代は、結構アドリブに弱いところがあってね。作り込むコントが多いから。雛壇は苦手な人が多いのよね

出典;東スポ

理由③地方で活動をするようになったから

四千頭身が消えたと思わせた1つが、年末年始のお笑い特番だと言われています。

どの番組でも姿を見なかったと言われていた四千頭身ですが、実は北海道の地方ロケに出演していました。

極寒の地で秘湯に入るロケに出演していた四千頭身は、全国放送でもない番組で身体を張っている姿を見た視聴者から消える寸前だと心配されていたそうです。

他にも地方の旅館を巡るロケに出演したりと、地方での活動の場を着実に広げているのは事実のようですね。

理由④第七世代のブームが終わったから

霜降り明星、ミキ、EXITなどの人気芸人と共にブレークを果たし、お笑い第7世代の中でも特に女性人気が高かった四千頭身。

しかし、その第7世代自体の人気が下火になっているという声も。

2020年4月に第7世代の芸人を集めた番組「第7キングダム」。

同年7月には「お笑いG7サミット」が放送開始されましたが、いずれも3か月で番組は終了しています。

個々のネタは優れていても、団体になると面白くないというのが世間の評価だったようですね。

理由⑤ぼる塾や3時のヒロインなどトリオ芸人に仕事が移ったから

近年では女性のトリオ芸人の活躍が目立つようになりました。

中でも3時のヒロインぼる塾はテレビで目にする機会が増えたのではないでしょうか。

3時のヒロインのテレビ出演時間を調べてみました。

3時のヒロインは2021年以降もテレビ出演時間が長いことが分かりますね。

また、2022年のレギュラー番組数を比較してみました。

コンビ名 2022年のレギュラー番組数
3時のヒロイン 8
ぼる塾 4
四千頭身         2(後藤のみ3)

こうして比較すると、出演枠が彼女たちに移ったという考え方も出来そうですよね。

四千頭身はTV仕事が減っても将来安泰な理由とは?

 

四千頭身のテレビ出演が減り、「消えた」と感じている人も多いでしょう。

しかし、現在はお笑い芸人の他にもユーチューバーやラジオ、地方営業など活動の幅を広げながら活躍されています。

お笑いの賞レースにも欠かさず挑戦を続けており、再ブレイクする可能性も十分にあると思います。

女性人気も高い四千頭身は安泰だとの声も

また、女性からの指示も高いことから、営業イベントで登場すれば会場は大盛り上がりになることでしょう。

つまり、テレビ出演が少なくても四千頭身は十分に稼ぐだけのスキルと知名度があるということです。

まとめ

今回は四千頭身が消えたと言われる5つの理由についてまとめてみました。

テレビ出演が少なくなっても、独特な世界観は健在のまま今も多くの視聴者を楽しませてくれていることが分かりましたね。

また、テレビでたくさん見られる日を楽しみにしています。