オリンピック

【四十住さくら】母親はネイリストで兄の顔画像も!父の名前やエピはこちら!家族構成

2021年東京オリンピックの新競技、スケートボードに出場が決定した「四十住さくら(よそずみ さくら)」さん。

今回は四十住さくらさんの気になる実家練習場の写真や、家族とのエピソードを顔画像と紹介していきます。

四十住さくらの家族構成

四十住さくらさんの家族構成を紹介します。

  • 父親
  • 母親
  • 四十住さくらさん

早速見ていきましょう。

四十住さくらの父親の名前は?エピソードも紹介

こちらは四十住さくらさんと父親の写真です。

四十住さくらさんが父親の誕生日にプレゼントを渡した時の写真で、とても微笑ましいですね。

きっと四十住さくらさんの父親は、陰ながら娘の成長と活躍を支えているのですね。

四十住さくらさんと父親が仲良しなのが伝わってくる、素敵な写真です。

四十住さくらの母親の顔画像や名前も

こちらの写真は四十住さくらさんの母親の四十住”清美(きよみ)”さんです。

清美さんは四十住さくらさんのサポートに力を入れており、海外遠征に行く際は”ほぼ”必ず同行しているそうです。

また普段からも、練習場から試合会場への送迎や、食事面でも四十住さくらさんを支えていらっしゃいます。

四十住さくらさんは母親と仲良し

ちなみに四十住さくらさんは、清美さんが作る春巻きが大好物だそうです。

清美さんからの愛情やサポートを受け、四十住さくらさんは安心してスケートボードに取り組むことが出来ますね。

四十住さくらさんの母親の職業はネイリスト

そして清美さんの職業はこちらです。

ネイリストをされているそうです。

四十住さくらさんのサポートで忙しい中でも、指先まで綺麗に気遣えるのは素敵ですね。

四十住さくらの兄は麗以八で顔画像も

こちらの写真は、四十住さくらさんのお兄さんの四十住”麗以八(れいや)”さんです。

四十住さくらさんのお兄さんもスケートボード経験者です。

お兄さんは四十住さくらさんの13歳も年が上なので、妹のことをとても可愛がっていたのでしょうね。

実際に、四十住さくらさんのボードのお手入れはお兄さんがされているそうです。

また、2018年の世界選手権で四十住さくらさんが優勝した際にも、「ボードに”お兄ちゃん大好き”と書いて欲しい」とお願いしたそうです。

四十住さくらさんとお兄さんの仲が良いのがよくわかりますね。

四十住さくらがスケートボードをスタートしたキッカケは兄

四十住さくらさんがスケートボードを始めたのは小学6年生の時です。

きっかけは大好きなお兄さんと一緒に遊ぶために、スケートボードに乗り始めたことだったそうです。

「ちょっとでも技が出来たらお兄ちゃんが褒めてくれて嬉しい」

また「スケートボードはいくらやっても、技がいっぱいあるので終わりがない」「初めてやる技の時は”怖くて楽しい”」などと話しています。

四十住さくらさんはスケートボードの話になると、いつもポジティブで笑顔が素敵です。

四十住さくらさんが新しい技に果敢に挑んでいける原動力は、褒めてくれる優しいお兄さんの存在が大きいというのが見てとれますね。

四十住さくらの実家の練習場が凄いw画像も

こちらの写真は、四十住さくらさんの実家の立派な練習場です。

四十住さくらさんがスケートボードを始めた頃には練習場が近くになかったために、なんと両親が作ってくれたそうです!


四十住さくらさんはこの練習場で中学2年生頃まで練習に励んでらっしゃいました。

現在の目覚ましい活躍の原点は、両親からの愛情たっぷりの練習場のおかげだったのですね。

まとめ

今回は2021年東京オリンピックのスケートボードに出場が決定した「四十住さくら」さんの家族構成について紹介しました。

家族とのエピソードや実家の練習場を見るなり、とても仲が良い家族でいらっしゃいますね。

東京オリンピックでは家族や仲間の応援を受けて、思う存分楽しんでくれることを祈っています。